人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年の夏は、お盆を過ぎてから、愛媛に帰省しました。18・19・20と、ね。故郷の好きな風景は、やはり、瀬戸の凪の海。この海の穏やかさは、離れてみて、しみじみと美しいなと感じています。それから、日本の原風景のような山河がまだ残るし、温暖な気候と、お遍路さんの四国ですので、人と人の接待の心が、幼い時から身についている、おせっかいやきで、でもあたたかい人情の香る古里です。

その古里に、もう父や母は居ない。私が19の夏に天国に召された父。それから長生きしてくれた母も、5年前の2007年の暮れに末期癌で天に飛ぶ鳥になった。実家だった洋品店のお店も生まれ育った家も、もう無い。ただ、兄が一人、生まれ育った隣町で、頑張って、お墓を守っていてくれる。だから、帰れる古里があることを、今年の夏ほど、身に染みたことはありません。その兄も、会社がこの春倒産し、住み慣れた家(社宅)も出て行かなくてはならず、急遽、バタバタと引っ越しを余儀なくされて、これまでの母の匂いが残る家ではなく、山の中の一軒家に居を借りて移住したので、帰省した家は、私にしたら他人の家のような不思議な感覚でした。ただ、幸いなことに、この家の前の畑や田んぼが、母の本家でもあった親戚の叔父(故)のものでしたので、近くに見守ってくれる叔母が元気でいることに、亡き母や叔父のお導きがあったのかなとも感じました。

まだ、それだけなら、それほど感傷に浸ることもないのですが、帰省の日程を決めた頃、東京の親友K子さんから、愛媛に彼女も帰省するのでとメールが届きました。そのメールに引き続き、同級生の男子からのメールが転送されてきたのですが、このメールを見て、私の心は、一気にあの日にタイムスリップしたのです。



More
by clematis-myu | 2011-08-26 16:23 | エッセイ