人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


c0202832_3142639.jpg前回のブログで、最後に謎かけしたことの種明しを今回、披露いたします。娘が年明けに北品川で上演したひとり芝居『売り言葉』の舞台は、昼夜の一日二回公演でした。その舞台衣装のコーディネート&着物着付を担当したのが母である私です。その時、ふと秘め事のように、自分だけの愉しみを仕掛けようと心が騒ぎました。よく、ヒッチコックの映画では、彼がストーリーの何処かにほんの一瞬だけ必ず現れたり、彼だけが知る秘密のキーワードを仕掛けるとかいわれていますよね。そんな風に、私も、客席ではすぐにはわからないかもしれないけれど、自分だけの愉しみを着付けに施しました。



c0202832_316255.jpgそれは、昼の部と、夜の部での、帯の帯〆と帯留めです。若き日の智恵子が女学生時代の袴姿から、ピンク色した繻子の帆船の刺繍帯のお太鼓姿で現れるシーン。昼は、赤と水色の帯〆一本でした。夜は、その帯〆は使わず、薄い桃色の細い帯〆に、打ち出の小槌の朱色と螺鈿飾りの帯留めをしています。この帯留めは、私の実母、娘にとっては祖母の形見の品です。花の朝顔に昼顔、夕顔があるように、人間にも、昼の顔と夜の顔があるのじゃないかな?と、言うのが、私の遊び心の発想の源です(笑)。それならば、智恵子の衣装のどこかに、昼のスタイルと夜のスタイルの遊びを仕掛けたくなりました。このことは、本番にだけしたので、当の本人の娘もその場にならないと知らないことでした。
c0202832_3181479.jpg

当日、一日通して芝居を観た方がいたら、もしや気がついたかしら?いえいえ、こればかりは、芝居というよりも、着物に興味がないと分からない部分です。一日通して音響のAP担当してくださったソンブレロ氏でさえも、きっとわからなかったはず(笑)。昼の部で、客席に娘の着付け教室の講師と生徒さんがおいでたので、その方が夜の部も観てくださっていたら、もしや…見抜いてくださったかもしれませんが。

その他にも、この舞台には、娘と私の努力の結晶とでもいうべき、小道具がそこかしこに存在しています。では、何からお話しをしましょうかね。そうそう、ラストシーンが近づくと照明がついて光り輝いた白い壁の上の天井近くには、教会のステンドグラスに見せかけたカッティングシートのカラフルな窓が見えたでしょうか?




More
by clematis-myu | 2012-02-17 04:02 | LIVE


c0202832_16561490.jpgちょうど、1ヶ月前の今日、 1月7日に、娘が、花のお江戸で、ひとり芝居をした時のことを順序だてて、綴ります。今回は、昨年晩秋からのお稽古風景~前日の会場設定、本番朝の最終リハまで。そして、本番に臨んだ昼と夜の芝居を、舞台の姿を中心に、画像も沢山入れて、ご披露したいと想います。当日、会場に足をお運びくださった皆さま、また、惜しくも予定があり、遠方であったがため、観たくても、お江戸まで参上できなかった方にも、愉しんで頂けるように、解説も交えて、野田秀樹脚本『売り言葉』のシーンをお届け致しますル~。カレーのル~(笑) 
※このル~は、劇中、台詞でのギャグで何度か使われる言葉尻です。


More
by clematis-myu | 2012-02-07 23:58 | LIVE