人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


c0202832_1243698.jpg先週末、伊丹市立美術館で開催していた「キース・へリング展」に出かけた。ちょうど、この日が最終日とあり、私のような駆け込みファンが多いだろうと思いきや、昼食時を狙ったのが幸いしたのか、割とスムーズに作品が鑑賞できたのはラッキーだった。見終えて、帰る午後3時頃には、どっと来場者が増えてきたので、ほんまに束の間の幸運タイムだったといえる。http://artmuseum-itami.jp/keith/

キース・へリングの事は、知る人ぞ知るポップな落書きアートで有名になったアーチスト。だが、残念ながら、彼は、1988年エイズと診断され、1990年2月16日、31歳という若さで星になる。約10年という短期間で生み出された芸術は、グラフィティ・アートや、ストリートアートの先駆けといわれ、ポップアート以後の現代芸術において新たな展開の道標となり、多くの人に影響を与えている。http://artmuseum-itami.jp/keith/keith_haring




c0202832_1481397.jpg
★壁画プロジェクト「キースが願った"平和"の実現を願って」が300名の参加者の手により会場の白壁に描かれていたのにも感動!

今回のイベントは、伊丹市という兵庫県のごく普通の街であったが、市民あげてアートに協力的で、美術館近辺の商店は、旧家も、レストランやカフェも、すべてが「キース・へリング」のショッキングピンクのベビー色のポスターのように、パワーにあふれていたのがとても好感がもてた。ここでは、彼のコンセプトの、“アートはみんなのもの”という精神が息づいているかのようだった。中でも印象的な作品があった。人のカタチをした作品の胸が大きく丸い穴で貫通している。これは、かのジョン・レノン暗殺のNEWSから触発されて、キースが描いた穴のあいた人間図だった。このように、彼の作品の中には、その時代を物語るニュースソースがあふれている。単純なラインの人間同志の絡み合いや、組み合わせで、共鳴や共感や対立や悲壮感さえも表している。
c0202832_126395.jpg
特に、ラディアント・ベービーという彼のシンボル的アイコンには、未来のこどもたちへの夢がこめられている。光り輝く存在として赤ちゃんは誕生する。オーラあふれるラディアント・ベービーこそ、未来への希望そのもの。宇宙からエネルギーをもらいどこまでもハイハイを 続ける光り輝くラディアント・ベイビーには、底知れぬパワーがある。

この展覧会では、携帯をスマートフォンにしていて、とても面白い体験ができたことが何より嬉しい!…まだ、スマホにしようかお悩みのあなたは、この際、ぜひとも、スマホに乗り換えることをお薦めしたいほどだ(笑)もちろん、iPhoneでもOK!とにかく、SNSの愉しみの幅が如実に違う!時代を生きている実感がした。



More
by clematis-myu | 2012-03-01 01:55 | Art