人気ブログランキング |

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


c0202832_07251.jpgここ数か月、毎月のようにリネン素材のファッションをオーダーしています。その中でも、一番のお気に入りになりそうな予感のコートドレスが先日誕生しました。これも、いつものように、私のモード感覚に寄り添ってくださるAyaさんに創ってもらうことになりました。もともと、Ayaさんから以前、生地見本に送ってもらった中に、私が紫色が好きなら、こんな生地はいかがでしょう?とhttp://myclematis.exblog.jp/18281100/オマケでつけてくれたハギレに惚れたことが発端です。きっと、この紫のリネンで、なにか作ってもらうことになるからと、取り置きをお願いしたほど。それで、3着目にその念願が叶うことになりました。


◆パープルグレーリネンでギャザーダーツ2WAYワンピース
今回、この型紙のデザインを先に捜し提案したのは、私なのですが、以前、Ayaさんから型紙のサイトを教えてもらっていました。自分の拘りというのか、誰かと同じもの、できあいのは、あまり好きじゃない性格でして(笑)、お洋服をオーダーする時も、どこかに自分らしさやオリジナリティを持たせたいの。その中から、このmaille(マーユ)のデザインが気に入りました。http://maille.info/

どんなお洋服が着たいのかを考えた時、自分なりのいろんなシーンが浮かびました。それで3つほど、提案をして、作り手のAyaさんにも相談してみて、やはり、これでしょ!となったのが、『ギャザーダーツ2WAYワンピース』でした。これ、前と後ろと、両方着れるタイプのワンピなのです。しかも、前ボタンをしないではおる感じにしたら、コートドレスに早変わりします。だから、型紙の名前は、『ギャザーダーツ2WAYワンピース』でしたが、着こなしは、3通り。3WAYになる、優れものです。しかも、細部にわたってボタンもこれがいいなと前から気になっていた貝ボタンを注文してみたり、コートとして着るには、着丈がこの型紙通りだと短いから、10㎝伸ばしてもらいました。そんな私の細かい注文にもAyaさんは根気よく付き合ってくださいます。それが、とっても嬉しいです。お互いの感性を高めあって、よりよい作品を創りあげる感じに似ています。

Ayaさんのサイトに、とっても素敵に画像UPしてくださっているので、そこを最初にご覧くださいね。
※2012.09.21 *Fri パープルグレーリネンでギャザーダーツ2WAYワンピース
http://rosehoney20100101.blog110.fc2.com/blog-
date-20120921.html

それで、届いたものを、いまから、画像付きで、ご披露いたします。ほんとに、不思議なお洋服なんですよ。前ボタンをとめてもいいし、後ろボタンにしても、そして、開いても着こなせるなんて、嬉しい限り!ご期待ください!



c0202832_2112262.jpgその前に、今回のAyaさんにの丁寧な縫製の裏ワザとでもいうべき、彼女のセンスに脱帽です。これ、みつけた時、ヤラレタ(笑)と、想ったほど、good!完成したお洋服に、彼女の“Crema Rose”ブランドタグを縫いつける代わりに、ボタンを開いた右内側にロゴの『CR』白抜きの飾りスタンプを生地に押してくださってました。
c0202832_212215.jpg前後ろで着こなすデザインだから、首元に目立つ布地タグは野暮だと想ったからでしょう。こんな見えない所にも作り手の美意識が見え隠れするのって惚れちゃいますよね。


More
by clematis-myu | 2012-09-26 02:33 | マイモード

c0202832_257882.jpg
図書館で、ふと、この表紙の赤ずきんちゃんと目が遇った。それで、連れて帰りたくなって、二週間私のおうちでステイをしてもらう手続きをして本を借りて帰ってきた。

絵本のようなタイトルのこの単行本は、【おとぎ話の忘れ物】。文は、小川洋子。絵は、樋上公実子。この二人のコラボ作品のようだ。文体の内容は、好きな作家の小川作品(あの映画にもなった"博士の愛した数式"でも有名な…それより先に“妊娠カレンダー”で芥川賞受賞作家でもある)なので、躊躇せずに借りた。それよりも、絵が気になった。いえ、惹かれた。魅了された。正直、お名前は知らないが、よくこの方のイラストレーションは、目にしていた気がする。http://members2.jcom.home.ne.jp/kumiko-higami/


c0202832_32248.jpg連れて帰ってきたけど、この艶めかしい少女の絵がちらつくこの本を、寝室のテーブルに置いては、しばし眺めてページをめくる。ああ、めくるめくような快感の世界が広がる。だろうと、期待していたら、ちょっと、待てよ。怖いよ、この女の子たち。ひと癖もふた癖も、三癖もある表情と仕草だらけ。でも、綺麗なんだよなぁ。この路線、嫌いじゃない、私が存在する。そう、少女期に、このようなこと、してみたいと考えていた気もするし、今もなお、私の心の中には、そんな悪戯の塊のような女の子が宿っているのは確かだ。熟女から老婆になっても、私は女だから、いくつになっても、その根っこの部分には、いたいけな女の子は、息吹く。


More
by clematis-myu | 2012-09-14 03:11 | エッセイ


c0202832_2362721.jpg
先月末、愛媛に帰省した折、仲良しの同郷の友人の運転で、今治までドライブしました。
行き先は、タオル美術館 ICHIHIRO。http://www.ichihiro.co.jp/art/index.html

そう、今治といえば、タオルで有名ですよね。ここのタオルは、素材も感触もデザインも色もとても素敵。しかも、タオル美術館には、タオルの製造工程から、ART的にも素晴らしい作品の展示、タオルグッズのショップの他にも、本格的なレストランやカフェがあるし、ヨーロッパの庭園のような1万坪のガーデンも完備されていて、館内も、屋外も愉しめる素晴らしい観光スポットでした。
c0202832_335971.jpg
c0202832_35916.jpg









c0202832_2373238.jpgちょうど、『キャシー中島のキルトに恋して40年 ~笑って、愛して、キルトして~ 』も企画展で開催中とあり、膨大な数と、スケールの大きいキルト作品を実際に観る事ができて圧巻でした。以前、私は京都で、キャシー中島さんのキルト作品を見たことがあったのですが、ここ今治での展示は、それ以上の作品群で、彼女の半生記を垣間見たような気分に浸りました。友人のTさんも、この企画展はぜひ観たかったので、今回一緒に観賞できたことは喜んでもらえました。


c0202832_241105.jpg入場券を購入したら、記念のミニタオル生地ハンカチがもらえますし、チケットもムーミンのニョロニョロカードなのが、なんともユニークでかわいい!


More
by clematis-myu | 2012-09-06 03:24 | Art